IWC mark16 オーバーホール

IWCmark16オーバーホール
IWCmark16オーバーホール
IWCmark16 愛用の時計がオーバーホールの時期に達した
IWCmark16オーバーホール
意を決して、そして、いいのか?!?! とかドキドキ
しながら発注したのが5年前。
僕にとっては最初で最後の機械式時計である。
いや、次も狙っているのですが、まだまだ稼ぎが少ないので無理w
IWCmark16オーバーホール
車で言うと車検みたいなものですね。
電池も何も使わずに人の動きでゼンマイを巻き上げて
時間を正確に刻む複雑な機構の時計なので
車と同様、部品交換やグリスアップなどなど
時計も何かとメンテナンスが必要なんですね。
IWCmark16オーバーホール
初めてのオーバーホールだったんですが、
IWCのカスタマーセンター的な女性も
あまりメカニカルに詳しい様子ではなく
「明細の通りになります」とのことw

本当は、もう少し詳しく色々と5年の歳月の
経年劣化の様子を聞きたかったんですが。

でも、出来栄えは素晴しいものががった。
まず、傷だらけだったDバックルやケースは
ピカピカになり、裏蓋もピカピカ。
リューズをゆっくり回すと、オーバーホールに
出す前より、スムーズに回るようになっていた。
梱包も完璧で、一段と可愛くなった!

しかしながら、金額も立派なものです。
準備をしておいたので、何とかなりましたが
基準は時計の購入価格の1/10というのが
オーバーホールの価格の目安だそうです。

This entry was posted in その他. Bookmark the permalink.

コメントを残す