ハロゥインパーティーで絶頂!!

IMG_1834.JPG

昨晩、3日目のイベントを全て消化した。某ナイトクラブでのハロゥインパーティー。

DJマカロンと共に、何とか乗り切った。

IMG_3217.JPGIMG_3216.JPG

この1週間、コバフラも高水準で忙しく、スタッフもフル稼働。その中で深夜のイベント。

僕も睡眠時間が極端に少ない中のプレイである。

月末だったので、送別会もナイトクラブの企画であり、自分で言うのもナンだが、感動出来た。

久々に音楽で、足の先から髪の毛の先までゾワッとするあのオルガスムである。

IMG_3228 (2).JPG IMG_3215.JPG

興奮状態で、イベントのあと、諏訪市のバーが主催するハロウィン仮装パーティーに。

ハウスミュージックでパキパキに。更に久々の酒。もう一瞬でノックアウト。

興奮状態で、疲れていて眠いのになかなか寝付けない始末の3日間。 ありがとう。

————–だらだらとクダラナイ「ボヤキ」なのであしからず・・・・・・・—————

昨日、イベント卒業式で海援隊の「贈る言葉」をイベント中にながした。 

久しぶりに名曲を聴いたわけだが、

その歌詞の深さやストレートな感情、今のヒットソングって、あまり僕は聞かないけど、

刺激がヒットチャートで、音楽そのものの感動が薄いのか・・・・・・

とにかく、海援隊で身震いするくらいの感動があった。

刺激が中心の音楽文化の中で、僕自身は「感動」という音楽の良さに心が向いてなかった。

「大好きなアーチストのコア的な部分の追及」には、新たな音楽の可能性の拡張と「納得」がある。

「新しいアーティストの発掘」も最近しないのは、感動という音楽の要素に僕が向いてなかったのかなぁ。

音楽っていったいなんだ?!?!?! 

「過去の名盤」「過去の名曲」それも、20年も30年も前の音楽。そんなディープな部分で、僕は音楽

の渦に巻き込まれていた。

特に、ロックはルーツの掘り下げ作業が楽しいのでストップが効かなくなる。

最近は色々しらべていたら、すっかりチャックベリーにハマっていた(笑)

歴史的なフェスなんかの実態やその周辺のサブカルチャー。政治や社会問題まで広く音楽から聞き取れる。

ロックのサブカルチャーやそのアーティストがどのような生き方をしたのかまで調べていくと、面白すぎて

止まらなくなる・・・・・

そーいうのを趣味と位置付けるならば、実にマゾ的な思考で音楽を聴くことになる。

もっとストレートに音を楽しみたいのに・・・

僕は、ロック、クラブミュージック、ジャズ、ワールド・・・色々な音楽を楽しみますが、

まだまだ、オールディーズも、クウラッシックも中近東のポップスも韓国のアイドルユニット、AKB48的な日本

のミュージック、演歌、長唄、まで色々と未知なる音があって、のそ中に深さとルーツがある。

まだまだ楽しいそうではないか!!!音楽って!!!

レインボーローズ 販売→ ココ

タイトルとURLをコピーしました