台風19号長野県を横断

台風諏訪湖
2019年10月12日自宅からiPhoneで撮影(ひどい二日酔い)。
僕ら(1976年生の僕)が経験したことのない930とかの低気圧が長野県を通過した。諏訪圏域も防災放送が流れ、スマホは緊急避難等でピロピロ。相変わらずのTVでは今までに経験のない!とか命を守る行動を!とか地球温暖化が!とか大騒ぎであった。
かくいう私もバブル崩壊以降に急速に浸透した地球温暖化信仰を信じきり大好きなマイケル・ジャクソンも宮崎アニメでもニュースステーション的な報道番組でも何も疑わず信じて生きてきたし。ペットボトル等の分別も一応ルールだからしっかりやってる。が!。
だがどうだろうか。僕は新聞やテレビなんかの報道で完全に平衡感覚を失っている。
なんだか分かりずらし。僕みたいな馬鹿には理解できないことが多い。

花屋の社員も緊急避難したらしい。風呂に水を張って出勤、多少はスーパーで買いだめし、ガソリンスタンドに行きマイカーの燃料タンクを満タンに。。。

各々不安な夜を過ごした。LINEでも台風の話題。特に女性と老人は不安が男性よりも大きくテレビにしがみつき状態。台風の夜は同級生が僕の自宅に来て暇な夜を過ごすことが多い。
台風諏訪湖

それでも朝が来た。

しかも凄く最高!

朝起きると富士山までガツンと見渡せる。低気圧という地球規模の掃除機が通過すると子の様に大気が綺麗になる。地面は大変なことになるが人間は自然の一部だからしょうがない。

ニュースを見ると長野県内でも千曲川などの河川が決壊し街に水が溢れ洪水。インフラにも被害が出て生活に支障。中央道の寸断や交通支障で花屋の事業も対応で忙しくなるが売上は確実に減少する。事務だけ忙しい困った状態

12日の日経新聞を見ると台風19号の被害の爪痕が凄かった。消費税増税にプラスし、この台風。そして当日は千葉で地震も発生していた(僕の部屋も揺れた)

こねくり回し屋が多い中、真実が分かりずらい時代だけど、

辛く不安な夜でも

確実に来る朝は素晴らしく清々しくて嬉しくなっちゃったわー(^^)

フォローする